むらかみ小児科 むらかみ小児科
むらかみ小児科 トップページ むらかみ小児科 診察時間 むらかみ小児科 予約受付 むらかみ小児科 院内紹介 むらかみ小児科 スタッフ紹介 むらかみ小児科 ご挨拶 むらかみ小児科 アクセスマップ
むらかみ小児科 河合町 喘息
むらかみ小児科のオンライン受け付け
オンラインの受付開始しました。

受付はコチラから
http://paa.jp/t/151901/
むらかみ小児科
インフルエンザウィルス感染症

インフルエンザウィルス感染症

  • 症状
    • 高熱・咳・汁・関節痛など他の風邪症状と同じ症状で発症
  • 潜伏期間
    • 12~48時間
  • 診断方法
    • まずは症状から推測
    • 迅速診断:高熱の発症後およそ12時間後から水を用いての診断が可能
  • 治療法
    • 0歳:原則として適応なし(重症であれば医師と保護者で相談)
    • 1~9歳:必要であればタミフル内服→重症児にはラピアクタ点滴
    • 10~19歳:必要であればリレンザ・イナビル吸入→重症児には点滴
    • 大人:必要であれば内服・吸入・点滴など症状に応じて
  • 予防法
    • インフルエンザワクチン:特に保育園児(さらに乳児)は必須。
    • 湿度を高く設定する。
    • マスクなどで予防。
  • インフルエンザかな?と思った時の対応
    • 熱が出てすぐに受診しても検査できない。
    • (発症してから12時間程度必要)
    • 高熱があり、元気がなければ受診前に座薬を使ってもよい。
    • (診察・検査にはなんの支障もなし)
    • 稀にインフルエンザ脳炎・脳症を発症することがある。
      ぐったりして活動しない、座薬が全く効かない、水分も全く 取れないなどの症状があるときは、速やかに受診すること。
     
むらかみ小児科